マインドフルネス、瞑想で安静時心拍数減少

投稿日: カテゴリー: 心拍瞑想

布施です。

 

精神的なストレスの軽減に、マインドフルネスや瞑想の有効性が示されています。

例えば、

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29364935

 

 

その、マインドフルネスや瞑想、あるいはヨガは、ストレスを軽減し、

心を落ち着かせ、自律神経の副交感神経を優位に促します。

副交感神経には、心臓を落ち着かせる働きがあります。

つまり、安静時心拍数も減少させます。

 

 

こちらはマインドフルネスや瞑想の研究のメタ解析論文ですが、

それらにより安静時心拍数が3.4/分低下、血圧も低下することが示されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28863392

 

 

ヨガを含めたこちらのメタ解析論文でも安静時心拍数が3.2/分低下、血圧も低下しています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28963884

 

 

安静時心拍数が10/分上がる毎に死亡リスクが9%上がるという話でしたから、

単純にこじつけてみますと、

マインドフルネスや瞑想、ヨガにより、死亡リスクが3%くらい下がるかもしれません。

 

いずれにせよ、精神面の有効性のみならず、それにより身体的にも好影響が及ぶことが示唆されます。

 

マインドフルネスや、心と身体のつながりを特に重視したヨガやピラティスに取り組みたい方はこちらの系列がおすすめです。布施も通っています。

https://www.zen-jp.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です