馬と人も心拍数のparallelism

投稿日: カテゴリー: 心拍

布施です。

性行為という肌と肌のふれあい、究極のコミュニケーションでは心拍数のparallelismが観察されます。

性行為中の心拍数 ”parallelism”

 

 

自動車の運転手と助手席の人は、運命共同体ということなのか、やはり心拍数のparallelismが観察されます。

自動車運転中も心拍数のparallelism

 

肌と肌のふれあい、かつ、一緒に突き進む運命共同体とも言える、乗馬はどうでしょうか。

乗馬による障害物レースにおいて、騎手と馬の心拍数を測定した研究があります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1478969/

Br J Sports Med. 1992 Mar; 26(1): 33–35.

 

縦軸は心拍数(/分)、横軸は競技時間です。

□が馬、■が騎手の心拍数です。

2組の馬・騎手の記録を示しています。

 

 

 

2組とも、馬と騎手の心拍数は概ね同じような推移を示しています。

馬がドキドキしている時は、騎手もドキドキしているのです。

騎手がドキドキしている時は、馬もドキドキしているのです。

 

馬と騎手のparallelismです!

馬と人間でも、心身のつながりがあってこそのパフォーマンスなのでしょう。

 

駒沢公園は、犬を飼っていらっしゃる方が多く集まります。

そんな方々を拝見していると、愛情に溢れ、「ペットは家族の一員」という雰囲気がにじみ出ています。

犬の散歩の時も心拍数のparallelismが認められるのかもしれません。

心身のつながりに、人や動物の区別などないということですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です