スマートウォッチ、携帯心電計で標準12誘導心電図を目指してみる

投稿日: カテゴリー: デジタルヘルス循環器心拍

前回、スマートウォッチを工夫して使うことで標準12誘導心電図に類似した波形を得ることができ、心筋梗塞の診断の補助になるという話をしました。

スマートウォッチで心筋梗塞の診断は出来るのか?

 

手元にあるスマートウォッチと、携帯心電計で試してみました。

 

標準12誘導心電図


コントロールとして、普通に記録した標準12誘導心電図です。一応、正常範囲内の波形です。

 

 

スマートウォッチによる6誘導心電図類似の記録


以前ご紹介したSOUKENGENというメーカーのスマートウォッチで記録してみました。

 

 

 

携帯心電計による6誘導心電図記録


オムロンの携帯心電計HCG-801で記録。PCと連携すれば波形をPDF出力できるのですが、古い機種でかつWindowsのみしか対応していないので、波形は写真で。不便なのでこの機種はあまりお勧めできません。。。

 

 

三栄の携帯心電計CheckmeECGで記録。こちらは、スマホとの連携はスムース。PCとの連携はwindowsのみです。HCG-801より新しいだけあって、扱いやすいです。

 

結論的には、結構使えそう。。。


スマートウォッチの6誘導波形も、携帯心電計の6誘導波形も、標準12誘導心電図で記録した波形と類似しており、顕著な波形の異常であれば評価しうるのではないかと思います。

機器の当て方、記録法を復習しておきますと、下記の通りです。慣れてくれば、簡単です。

( 図出典:Sensors (Basel). 2019;19(20):4377.)

A I:左手首に時計を付け、crownに右人差し指を付けて記録
B    II:左下腹部に時計を付け、crownに右人差し指を付けて記録
C III:左下腹部に時計を付け、crownに左人差し指を付けて記録
D V1:第4 肋間右傍胸骨で記録
E V4:鎖骨中線第5肋間腔で記録
F V6:左中腋窩線の第5肋間で記録
(D-Eは、時計を胸部のそれぞれの場所に付け、右手の人差し指をcrownに付けて、左手で右手首を掴んで記録 )

 

今回は胸部誘導をV1,4,6に限定しましたが、V1-6を全て記録するのは容易ですから、計9誘導は記録可能です。

なお、心電図機能を有するスマートウォッチは日本にも複数流通していますが、多くは医療機器として認可されていませんので「診断」はできません。あくまでも補助情報です。

 

20200520update

【参考文献】

Samol A, Bischof K, Luani B, Pascut D, Wiemer M, Kaese S. Single-Lead ECG Recordings Including Einthoven and Wilson Leads by a Smartwatch: A New Era of Patient Directed Early ECG Differential Diagnosis of Cardiac Diseases?. Sensors (Basel). 2019;19(20):4377. Published 2019 Oct 10. doi:10.3390/s19204377

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です