ワインによるがんのリスク

投稿日: カテゴリー: 食事

少量のアルコールは心臓病のリスクを下げます。

しかし、少量であってもがんのリスクは少しづつ上昇します。

ワインはアルコールの中でもヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、ワインも例外ではありません。

 

A comparison of gender-linked population cancer risks between alcohol and tobacco: how many cigarettes are there in a bottle of wine?

BMC Public Health201919:316

 

この論文では、

ワインを週1本飲んでいると、がんの生涯絶対リスク1%(男性)、1.4%(女性)増加することが示されています。

このリスクは1週間に5本(男性)、10本(女性)のタバコを吸うリスクと同等です。

男女の性差は乳がんリスクによるものです。

女性は、男性よりもアルコールに脆弱です。

特に、乳癌のリスクが高い女性(家族に乳癌の方がいるなど)はアルコールを控えた方が良いと思います。

 

アルコールはコミュニケーションツールですから、楽しむことは良いのですが、

飲酒量、飲酒頻度は控えめにした方が身体には良いですね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です