PERMAこそ究極の予防医療

投稿日: カテゴリー: ポジティブ心理学

布施です。

 

昔は多くなかったけれど、現代になって増えた病気がたくさんあります。

 

例えば、糖尿病、高血圧、高脂血症、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病。

 

頭痛や易疲労など、いわゆる不定愁訴的なもの。

 

腰痛や肩こり。

 

メンタル不調。

 

花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患。

 

癌もその類に入るかもしれません。

 

文明が高度に発展し、我々は様々な恩恵を受けていますが、一方で、急激な環境、生活の変化で上記のような様々な健康問題が表出してしまっているのです。

 

逆に言えば、現在の環境や生活を変えれば、多くの病気を予防でき得るという理屈になります。

 

その代表的なものが、運動、食事、睡眠など生活習慣の是正、ストレス対策、というわけです。

 

健康診断や病院で言われることです。(各論については、またこのブログで触れていきましょう。)

 

理屈ではわかっているけれど、行動変容に至らない、、、というケースは多いです。

 

理由は様々ですが。

 

ただ、多くの患者さんを拝見していると、PERMAが高い人は行動変容しやすく、低い人は変容しづらい傾向があると感じています。

 

PERMAを高め、人生を謳歌することで、人生をより楽しみたくなり、生きるモチベーションが湧いてくるのでしょう。

 

「幸せ」追求=PERMAこそ究極の予防医療と思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です