PCR検査結果よりも重症化の有無が重要

投稿日: カテゴリー: 医療一般

医療機関巡りは避けましょう


新型コロナウイルス 感染が心配な方が、PCR検査を求めて複数の医療機関を巡るようなことが散見されるようです。

むしろ感染を拡大させてしまうことにつながりかねません。

強い症状がない場合は、是非とも避けて頂ければと思います。

重症化していなければ、PCR検査の結果が陽性だろうが、陰性だろうが、対処法は変わりません。

新型コロナウイルス感染症には特異的な治療が存在しないからです。

 

「帰国者・接触者相談センター」で受診相談


37.5度の発熱や咳が少々出ても、強い倦怠感や息苦しさがなければ、医療機関には受診せず自宅療養で、4日間で改善しなければ、「帰国者・接触者相談センター」で受診相談をすることになっています。その通りに行動して頂ければと思います。

発熱時の行動フローチャート

 

PCR検査の結果よりも「重症化の有無」が重要


しかし、なかなかセンターに電話が繋がらないという事態が生じているようです。電話殺到で担当部署もパンク状態です。

仮にその症状が4日を超えて続いたとしても、悪化傾向がなければ、必ずしも医療機関を受診する必要はありませんし、PCR検査も必須ではありません

軽症であれば、PCR検査が陽性でも、陰性でも、自宅療養です。

 

PCR検査の結果よりも「重症化の有無」が重要です。

重症化を疑う兆候とは、

・意識が朦朧としてきた

・体温の更なる上昇(37.5度が、38度、39度と上昇してきた)

・咳や痰が増加してきた

・息苦しさ増悪してきた

・ハアハア、、と、呼吸回数が増加してきた

・倦怠感が強くなってきた

などです。

重症化兆候があれば受診した方が良いです

そうでなければ自宅療養(コロナ陽性のつもりで)です。

 

コロナ陽性のつもりで自宅療養


不安かもしれませんが、下記リンクの注意事項を良く読んでお過ごしください。

上記の重症化兆候が少しでも出現するようであれば、早急に「帰国者・接触者相談センター」か、どうしても繋がらないようでしたら当クリニックに連絡してみてください(目黒世田谷近辺の方)。方針を相談しましょう。

〇「家庭内でご注意いただきたいこと~8 つのポイント~」(令和2年3月1日 厚生労働 省HP) https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf

〇新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(2020 年2月 28 日 一般社団法人日本環境感染学会 HP) http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/dokyokazokuchuijikou.pdf

 

〇こちらの動画もとてもわかりやすいです。ぜひご覧ください(BBCニュース)。

 

今、東京ではコロナ患者を対応している医療機関がパンク状態であり、医療崩壊寸前です。

一人一人が、貴重な医療資源を大切にし、協力しあってこの難局を乗り切りましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です