接種後胸痛「新型コロナワクチン接種後症候群」→それでもワクチン接種推奨

投稿日: カテゴリー: 医療一般循環器



以前も触れましたが、相変わらず、新型コロナウイルスのワクチン接種後に胸痛や動悸を自覚し受診される方が多いです。


“COVID-19 Vaccination Syndrome” 「新型コロナワクチン接種後症候群」って感じです。(勝手に名づけました)


厚生労働省の資料から、コミナティ(ファイザーのワクチン)による一般的に多い副反応は、以下の通りです。
https://www.mhlw.go.jp/content/000805694.pdf



コミナティの添付文書の副反応記載は以下。
https://www.pmda.go.jp/drugs/2021/P20210212001/672212000_30300AMX00231_B101_1.pdf




当クリニックは循環器内科主体ですので、心臓絡みの症状の方の受診が多くなります。具体的に多い症状は、

・胸痛
・動悸
・息切れ
・倦怠感


など。


倦怠感はともかく、胸痛、動悸、息切れといった胸部症状の記載は添付文書等には明記されていません。それだけ頻度が少ないということなのでしょうか。



ワクチン接種当日〜2-3日後くらいから症状が出現します。

その直後に受診される方もいらっしゃいますし、1週間ほど経過を見ても治らずに来院される方もいらっしゃいます。


当クリニックを受診される方は、男性よりも女性が多いです。
高齢者ではなく、20-40代くらいの年齢層が多いです。



症状はそれほど強くない(我慢できるくらい)方が多いですが、ネット検索により心筋炎や心膜炎の合併症が生じうるという情報をキャッチして、心配になって受診される方が比較的多いです。


例えば厚生労働省も下記のようにアナウンスしていますので、受診の判断・行動は当然と言えば当然かと思います。

“心筋炎や心膜炎の典型的な症状としては、ワクチン接種後4日程度の間に、胸の痛みや息切れが出ることが想定されます。こうした症状が現れた場合は医療機関を受診することをお勧めします。”

新型コロナワクチンQ & A 厚生労働省

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0079.html


なぜワクチン後に胸痛が生じるのか?



今のところ、当クリニックにおいては、胸痛や動悸を訴えて来院される方のほぼ全員が心筋炎、心膜炎の可能性はほぼ否定的でした。
原因ははっきりしませんが、危険性は低く、経過観察とするケースが大半です。
症状も強くなく、痛み止めも不要な方が多いです。


それでは、心筋炎や心膜炎になっていなくても、なぜ胸部症状が出てしまうのでしょうか?

いくつかの可能性があるかと思います。


(1)ワクチンに対する不安

① ワクチン接種の副反応に対する不安が大きく、過度に敏感になってしまう。些細な症状や既存の症状であっても副反応と結びつけてしまう。

② ワクチン接種に対する不安、ストレスにより自律神経バランスを乱し、動悸や胸痛を誘発してしまう。



(2) 単なる免疫反応の一症状

上記の接種部位の痛みや疲労、頭痛のように、ワクチンによる免疫反応の影響として想定内の症状。コミナティの添付文書には記載されないくらい稀な頻度だが、たまたま循環器クリニックに集まってきている。



(3)未知のメカニズム

例えば、子宮頸がんのHPVワクチン接種者と自律神経の受容体抗体との関連や自己免疫性自律神経失調症との関連があるとする報告があります。
また特定のHLAサブタイプの被験者にインフルエンザワクチン接種するとナルコレプシー(睡眠に関する病気)が見られるとの報告があります。
他の特定の遺伝子においては、MMR (麻しん・風しん・ムンプス混合)ワクチン接種後の熱性発作のリスク増加と関連しています。


このように、ワクチンには想定外の副反応の機序があったり、また接種者の特性により特異的な副反応が出現しやすくなったりする可能性があります。

(※ これらのワクチンの有用性は、わずかな副反応のリスクより遥かに高いと考えられますから、布施としてはワクチン接種を強く推奨します。念の為。)

新型コロナウイルスのワクチンにも、そのようなメカニズムが潜在している可能性がないとは言えません。


まとめ;ワクチン接種推奨です


・新型コロナウイルスのワクチン接種後に胸痛や動悸を自覚される方が少なくありません。

・「新型コロナワクチン接種後症候群」と名づけたいくらいです。

・確率は低いとはいえ、心膜炎、心筋炎のチェックは必要です。
(症状が現れた場合は医療機関を受診することをお勧めします(厚生労働省))

・ワクチン接種後の胸部症状の原因はわからないことが多いです。しかし、リスクが低く、多くの場合は経過観察でよく、自然改善が期待できます。

・リスクは低く、ワクチン摂取するメリットの方が遥かに大きいと思います。総合的に考えると、新型コロナワクチン接種をお勧めします。



【参考文献】

・Martinez-Lavin M, Tejada-Ruiz M. Gulf war illness, post-HPV vaccination syndrome, and Macrophagic Myofasciitis. Similar disabling conditions possibly linked to vaccine-induced autoimmune dysautonomia. Autoimmun Rev. 2020 Sep;19(9):102603. doi: 10.1016/j.autrev.2020.102603. Epub 2020 Jul 10. PMID: 32659478.

・Blitshteyn S, Brinth L, Hendrickson JE, Martinez-Lavin M. Autonomic dysfunction and HPV immunization: an overview. Immunol Res. 2018 Dec;66(6):744-754. doi: 10.1007/s12026-018-9036-1. Erratum in: Immunol Res. 2018 Dec 21;: PMID: 30478703

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です