アップルウォッチ/ウェアラブルデバイス外来

投稿日: カテゴリー: 循環器心拍

布施です。

https://goo.gl/wJwfXR

Wearable Devices for Cardiac Rhythm Diagnosis and Management

JAMA. 2019;321(4):337-338. doi:10.1001/jama.2018.20437

 

一流の医学雑誌JAMAの記事です。

apple watch アップルウォッチなどのウェアラブルデバイスによる心拍や心電図モニタリングにより、不整脈の発見が助長され、場合によっては命を救う効果も期待できます。図のように、安静時にも関わらず突然心拍数が上昇した場合、頻拍性不整脈が生じている可能性が強く疑われます。

一方で、まだその活用方法や精度など未知なところがありどのように健康管理に取り込んでいくかは今後の課題でもあるとしています。

まだ日本ではアップルウォッチの心電図表示のアプリは使用できませんが、早々に使用できるようになるはずで、まあ時間の問題でしょう。携帯心電計の製品は複数販売はされており、購入されている患者さんも少なくありません。

 

心電図はもちろん、心拍トラッキングなど、アップルウォッチ、各種ウェアラブルデバイスのモニタリングでご心配な点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

(JAMA. 2019;321(4):337-338 より転載)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です