安静時心拍数45/分くらいでも悪くない

投稿日: カテゴリー: 心拍

昨日、心臓病の方の心拍数について少し触れました。

75歳未満の慢性心不全の方なら、心拍数は50台前半で死亡リスクが低くなります。

75歳以下ですと,68/分が最もリスクが低く、それ以上でも、それ以下でも死亡リスクが高くなります。

(Mayo Clin Proc.2015;90(6):765-772)

 

冠動脈疾患(心筋梗塞や狭心症)の方ですと、83/分以上になると死亡リスクが高くなります。

少なくとも62/分未満が良さそうです。

(Eur HeartJ, 26:967 -974,2005.)

 

 

それでは、心臓病ではない方はどうなのでしょうか?

 

 

心臓病ではない方でも、

安静時心拍数が高いほど、死亡リスクが高く、安静時心拍数が低いほどリスクも低いとする研究は複数あります。

 

それをメタ解析した論文が比較的最近発表されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26598376

46研究のメタ解析で、1,246,203人の人が対象になっています。

結果のグラフの1つをお示しします。横軸が心拍数、縦軸が死亡リスクです。

メタ解析でも、安静時心拍数が高いほど、死亡リスクが高く、安静時心拍数が低いほどリスクも低くなっているのがわかります。安静時心拍数が10/分上がる毎に、死亡リスクが9%上がります。

このグラフの範囲では、安静時心拍数45/分が一番リスクが低くなっています。もっと遅い心拍数の情報はありません。

心拍数45/分だとちょっと遅い気がしますので、この結果は意外な感じもしました。

あなたの安静時心拍数はいくつくらいですか?

少しでも心配があるようでしたらご相談ください。

安静時心拍数45/分くらいでも悪くない” への6件のフィードバック

  1. 現在心筋梗塞の他に、攣縮性狭心症、高血圧症、ほか、安静時心拍数は、36から47が、標準です。
    現在、心肥大を、起こしてます。

  2. 坂田様、コメントありがとうございます。30台は遅めですが、持病に対するお薬の中に、心拍数を下げるものが入っている可能性もあり、心臓病関連の患者さんではしばしばあることです。ご心配の場合は主治医と相談すると宜しいかと思います。

  3. 有酸素運動数年しており安静時脈拍が53になり運動時は130を1時間週5回してます
    大丈夫でしょうか

    1. 大丈夫だと思います。素晴らしい運動習慣ですね。
      より安心して運動に取り組みたいようであれば、心臓関連の検診を検討すると良いと思います。

  4. コメント失礼します。
    29歳男性です。
    現在激しい運動はほとんどしておりません。

    昔から心拍数が低めですが、最近睡眠中の心拍数を見ると37と出ます。
    起床してからの安静時は50〜60台となります。

    持病等はありませんが、37というのは低すぎる感じがして、少し心配です。

    一応、健康診断では徐脈とは言われますが、心電図では異常がないようです。

    37という心拍数は大丈夫なんでしょうか。

    1. sugi様、コメントありがとうございます。夜間睡眠時に心拍数37/分くらいの徐脈になる人は珍しくありません。自覚症状がなく、健診で心電図が正常であれば問題ない可能性が高いです。それでもご心配なようでしたら当クリニックを受診頂ければリスク評価いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です