新型コロナ感染が不安な方は、パルスオキシメーターで酸素飽和度測定を。

投稿日: カテゴリー: 医療一般

ウェルビーイングクリニック駒沢公園の布施淳です。ページをご覧いただきありがとうございます。当院は、循環器内科、一般内科クリニックです。ひとりひとりに寄り添って対話しながら診療していきます。クリニックは、都立大学、自由が丘、桜新町、三軒茶屋からのアクセスが便利です。オンライン診療も行っておりますのでぜひお気軽にご相談ください。

ご相談はこちら

発熱した場合、それが新型コロナウイルス感染か否かということは、実はあまり重要なことではありません。もっと重要なことは、重症化しないかどうかということです。

こちらにも書きました。

PCR検査結果よりも重症化の有無が重要

この記事では、重症化の徴候の例として以下の要素を挙げました。

・意識が朦朧としてきた

・体温の更なる上昇(37.5度が、38度、39度と上昇してきた)

・咳や痰が増加してきた

・息苦しさ増悪してきた

・ハアハア、、と、呼吸回数が増加してきた

・倦怠感が強くなってきた

 

より定量的に重症化を察知する方法に「酸素飽和度」があります。

パルスオキシメーターという機器を購入すればご自宅でも簡単に測定できます。

酸素飽和度とは?パルスオキシメーターとは?


酸素飽和度とは、簡単にいうと血液内の酸素の濃度のことです。パルスオキシメーターとは、経皮的(皮膚を通じて)酸素飽和度を測定する器具です。指先に挟むように取り付けて測定することが一般的です。

肺から取り込んだ酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身の臓器に運搬されます。血管(動脈)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているかを示した値、それが酸素飽和度です。

酸素飽和度が何%になったら、医師に相談した方が良いのか?


酸素飽和度は通常、96-99%ほどを推移しています。肺炎や心不全などにより酸素の取り込みが悪くなると酸素飽和度が低下します。一般的には93%以下になると明らかに異常と考えます。酸素投与を考慮することになります。ひどくなると90%以下になったり、もっと重症になると80%とか、70%台になったりする人もいます。こうなると呼吸不全と考えられ、命にも関わる事態ですので、より強力な酸素療法などが必要になります。

ご自身で酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)で測定する場合は、一般的に93%以下になったら医師に相談した方が良いと思います。

つまり、発熱して自宅で経過を見ているときに、時々酸素飽和度を測定し、93%以下になったら、重症化の懸念がありますので、かかりつけ医に電話で報告し、相談した方が良いということです。

パルスオキシメーターはAmazonでも買える


最近は、Amazonなどでパルスオキシメーターを購入できます。製品の質は様々かもしれません。6,000円前後で購入できますが、医療機器として正式に認可されていたり、日本製だったりすると10,000円以上になったりします。自分は5,000円ほどの製品をしばらく使用したことがありますが、普通に使えました。

 

 

iPhoneでも酸素飽和度測定!


iphoneアプリでも酸素飽和度を測定できるアプリがあります。

610円と有料ですが、専用機器を購入するよりはずいぶん安いです。

ただ、精度は、、よくわかりません。自分も購入して時々測定しています。

93%未満は測定できないようで、92%以下になると数字は出ずに”–“のような表示になるようです。

指の接触が悪いと、酸素飽和度が低くなくても”–“が出たりしますので、その場合接触が悪いのか、酸素飽和度が92%以下なのか、わかりません。しっかりと指を接触させることが重要です。

 

酸素飽和度を測定できるスマートウォッチもある


以前、酸素飽和度を測定できるスマートウォッチを紹介しました。

下記ご覧ください。

これはなかなかの優れものです。睡眠中に酸素飽和度連続モニタリングも可能です。

apple watchにも近い将来酸素飽和度測定機能がつくという噂もありますね。

酸素飽和度(SpO2)測定スマートウォッチがすごい

まとめ


発熱時は、コロナのPCR検査が陽性か陰性か、よりも重症化するかしないかの方が重要です。重症化の徴候の1つとして、酸素飽和度低下が挙げられます。パルスオキシメーターを購入すれば誰でも簡単に自宅で測定できます。正常な人の場合、酸素飽和度は96-99%ほどを推移しています。

肺炎や心不全などにより酸素の取り込みが悪くなると酸素飽和度が低下して、一般的には93%以下になると明らかに異常と考えます。

発熱して自宅で経過を見ているときに、時々酸素飽和度を測定し、93%以下になったらかかりつけ医に電話で報告し、相談することをお勧めします

当クリニックのオンライン診療、もしくは電話診療でもご相談に乗りますのでどうぞご利用ください。

オンライン診療/電話診療

ご相談はこちら