ピラティスで血管を若々しく保とう

投稿日: カテゴリー: ピラティスヨガ循環器

前回、ピラティスで高血圧患者の降圧が期待できるという話をしました。

ちょっと血圧が高めの人はオンラインピラティスがおすすめ。

 

ここでは、ピラティスにより血圧のみならず血管機能の改善も期待できることが

示唆される研究をご紹介します。

 

ピラティスの血管機能への影響を調べた論文


https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32236522

The Effects of Mat Pilates Training on Vascular Function and Body Fatness in Obese Young Women With Elevated Blood Pressure .

Am J Hypertens. 2020;hpaa026.

米国で行われた研究です。

血圧が少し高め(平均127/75ほど)で肥満BMI (30–40 kg/m2)の女性28名(19–27歳)が対象です。(収縮期血圧120台でも「高め」なのです。)

トレーニンググループ(TG)とコントロールグループ(CG)の2群に無作為に分けました。

TG:週3回60分のマットピラティス(MP)を12週間実施。

CG:特に運動せず、通常の日常生活のみ。

両群とも実験開始前と、終了後48-72時間に血圧や血管機能のパラメーターを測定しました。

・上腕での血圧

・大動脈での血圧

・baPWV ;brachial-ankle pulse wave velocity 上腕 – 足首間脈波伝播速度

・AIx;augmentation index 増大係数

・plasma nitric oxide (NO) levels 一酸化窒素(血管拡張物質)

 

ちょっと難しいですが、血管の硬さや血管内皮の機能を反映する項目です。

 

マットピラティス(MP)のメニュー


MPトレーニングは、下記の計60分

・10分 ウォーミングアップとストレッチ

・40分 MPエクササイズ

・10分 ストレッチとクールダウンの

各セッションは約12のエクササイズで構成され、反復する回数は6回から開始し、セッションが進むにつれ10回まで漸増していきました。

適用されたエクササイズは、Joseph Pilates の著作(※)などに記載されている基本的なものです。要するに、普通によくあるメニューということです。

※ 翻訳本はこちら→ コントロロジー―ピラティス・メソッドの原点

 

 

ピラティスで血管機能改善したという結果


結果です。TGは12週間のMPトレーニングにより下記のごとく血圧は低下し、血管機能が有意に改善しました。CGに比べても有意に優れていました。

・上腕の収縮期血圧:-5±1 mmHg

・大動脈の収縮期血圧:-6±1 mmHg

・baPWV: -0.7±0.2 m/s

・AIx:-4±1 %

・NO:+6±2 μM

 

若い肥満女性が、ピラティスを行うことにより、血圧が低下するだけでなく、血管機能が改善することが示唆されました。ここでは触れていませんが、体脂肪率の改善も示されていました。

ただし、nが少ない単一研究ですので限界はありますし、対象が若年肥満女性に限定していますので解釈には注意を要します。

 

 

ピラティスで血管を若々しく


乱れた生活習慣により血管が硬くなったり血管内皮機能が低下します。睡眠不足や運動不足、偏食過食、喫煙(副流煙含む)などなど。NOは血管を拡張させ血流を改善させ、血管内皮機能を改善させる物質です。ピラティスは血圧を下げたり、NOを増やしたり、複数のメカニズムで血管を保護したり、血管の若返りを促す作用を有することが示唆されます。またNOは免疫機能の向上や抗酸化作用などにも関与しているとされ、健康な心身を維持するには不可欠な物質です。ちなみに、バイアグラなどのEDの治療薬にもNOが関与しています。

ピラティスインストラクターの方、つまり日常的にピラティスを行なっている方はイキイキしていますし、若々しい感じがするのはこのせいなのでしょうか??

 

 

コロナ時代に最適なエクササイズ


自粛傾向で運動不足に拍車がかかっている昨今。

ピラティスやヨガは、特別な道具が要りませんし、オンラインを活用し自宅で隙間時間で楽しめます。1日40-60分、週2-3回で血管の若返りが期待できます。そうでなくとも、ピラティスには様々な心身への好影響が期待できます。→こちらを参考に

ヨガピラティススタジオZen Placeでもピラティスやヨガのオンラインレッスンを展開しています。血圧が高めの方や肥満傾向の人はもちろん、そうでなくとも運動不足の方はまずは、Youtubeを試しにご覧になって、楽しく続けられそうであればお申し込みを検討してみてはいかがでしょう。皆様の運動習慣の初めの一歩になれば幸いです。もちろん、布施もやってます。

zen place – pilates at home LIVE!
zen placeオンライン

https://www.zenplace.co.jp/lp/online/

 

【参考文献】

・Wong A, Figueroa A, Fischer SM, Bagheri R, Park SY. The Effects of Mat Pilates Training on Vascular Function and Body Fatness in Obese Young Women With Elevated Blood Pressure [published online ahead of print, 2020 Apr 1]. Am J Hypertens. 2020;hpaa026. doi:10.1093/ajh/hpaa026

・血管機能の非侵襲的評価法に関するガイドライン(日本循環器学会) Guidelines for non-invasive vascular function test(JCS 2013)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です