ピラティスでシェイプアップ

投稿日: カテゴリー: ピラティス

ここ最近2回ご紹介したピラティスの論文は血圧や血管機能がメインのテーマでしたが、いずれも同時に体型体組成に関しても測定しています。

 

まず前々回の論文。


ちょっと血圧が高めの人はオンラインピラティスがおすすめ。

この研究では、ピラティス介入前後で体重、ウエストやヒップ径を計測しています。

週2回、1回60分、16週間のマットピラティスにより

体重:79±14.8 → 78.7±15.0 kg

ウエスト周囲径:93.2±13.5 → 89.9±13.2 cm

ヒップ周囲径:110.8±11.0 → 107.9→10.1 cm

と有意に改善、シェイプアップすることができました。

CG(コントロール群)ではそのような改善は見られませんでした。

 

 

前回の論文。


ピラティスで血管を若々しく保とう

この研究では、、ピラティス介入前後で体重、脂肪重量や体脂肪率を計測しています。

週3回、1回60分、12週間のマットピラティスにより

体重:82.4 ± 2.3  → 81.9 ± 2.6 kg

脂肪重量:36.8 ± 1.0 → 34.9 ± 1.1 kg

体脂肪率:44.7 ± 1.3 →  42.6 ± 1.4 %

と有意に改善、シェイプアップすることができました。

CG(コントロール群)ではそのような改善は見られませんでした。

ちなみに、期間中の摂取エネルギー量は変化ありませんでした。

 

 

対象がかなり太めの人ですので、通常の日本人とはかなり異なるとは思います。

参考程度ということではありますが、ピラティスにより体組成が改善することが期待できる結果でした。

 

ピラティスでシェイプアップ


自粛傾向で運動不足に拍車がかかっている昨今。

体重が増えてしまった方もいらっしゃることでしょう。

ピラティスやヨガは、特別な道具が要りませんし、オンラインを活用し自宅で隙間時間で楽しめます。1日40-60分、週2-3回で体脂肪率減少や腹部の周囲径の減少が期待できます。そうでなくとも、ピラティスには様々な心身への好影響が期待できます。→こちらを参考に

ヨガピラティススタジオZen Placeでもピラティスやヨガのオンラインレッスンを展開しています。血圧が高めの方や肥満傾向の人はもちろん、そうでなくとも運動不足の方はまずは、Youtubeを試しにご覧になって、楽しく続けられそうであればお申し込みを検討してみてはいかがでしょう。皆様の運動習慣の初めの一歩になれば幸いです。もちろん、布施もやってます。

zen place – pilates at home LIVE!
zen placeオンライン

https://www.zenplace.co.jp/lp/online/

 

【参考文献】

・Martins-Meneses DT, Antunes HK, de Oliveira NR, Medeiros A. Mat Pilates training reduced clinical and ambulatory blood pressure in hypertensive women using antihypertensive medications. Int J Cardiol. 2015;179:262‐268. doi:10.1016/j.ijcard.2014.11.064

・Wong A, Figueroa A, Fischer SM, Bagheri R, Park SY. The Effects of Mat Pilates Training on Vascular Function and Body Fatness in Obese Young Women With Elevated Blood Pressure [published online ahead of print, 2020 Apr 1]. Am J Hypertens. 2020;hpaa026. doi:10.1093/ajh/hpaa026

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です