ストレスフルな学生にはヨガがおすすめ

投稿日: カテゴリー: ヨガ

まだまだ新型コロナウイルス感染問題は続いていますが、感染拡大、それに対する社会の対策、環境変化により多大なるストレスを受けている世代の1つが若年層、学生です。それら学生のストレスに対しての対策を提案している論文をご紹介致します。


Yoga and meditation, an essential tool to alleviate stress and enhance immunity to emerging infections: A perspective on the effect of COVID-19 pandemic on students.

ヨガと瞑想、ストレスを緩和し新興感染症に対する免疫力を高めるために不可欠なツール:COVID-19パンデミックによる学生への影響についての考察

Brain Behav Immun Health. 2022 Mar;20:100420. 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35072120/


【背景】
COVID-19のパンデミックは、世界の医療と経済システムに悪影響を及ぼしている。また、COVID-19のパンデミックは、経済状態や身体的な健康に関係なく、あらゆる年齢層の人々の間に感情的・心理的なパンデミックを引き起こしている。

長引くロックダウンの結果、世界的に最も深刻な影響を受けている年齢層の1つが若年層、特に学生である。ロックダウンの間、学業日程の不確実性、屋外活動の制限、社会的つながりの減少、電子機器との接触時間の増加、スクリーンタイムの延長など、普段と異なる日常生活により、世界中の学生の間でストレス、不安、うつ病の発生率が高くなった。

【文献的考察】
定期的なヨガ、プラナヤマ(呼吸法)、その他の自己啓発のルーチンが、さまざまなパラメーターにおいて有益な効果をもたらす様々なエビデンスがある。

・精神的ウェルビーイング(例:注意力、集中力、記憶力、覚醒度、睡眠の質)

・感情的ウェルビーイング(ストレス、不安、憂鬱感の軽減など)

・身体的ウェルビーイング(例:筋骨格系の強度、強度と柔軟性)
 (生理学的プロセス(例:代謝)や免疫防御機構(呼吸器の健康、炎症の軽減、自然免疫細胞および適応免疫細胞の機能向上)も含む)

ヨガと瞑想を定期的に実践することは、学生の生理的、感情的、免疫的要因にプラスの影響を与え、彼らの健康状態や学業成績に影響を与える可能性があると考えられる。

さらに、長期の閉鎖期間中は、適切な栄養摂取、十分な睡眠習慣、ソーシャルメディアや誤ったニュースへの接触を減らす、家族や関係当局からのサポートなど、の対策が、学生のウェルビーイングを改善し、不安を軽減するのに役立つと考えられる。

まとめ


ロックダウン、活動自粛が全く平気な人もいれば、非常にストレスを感じている人もいます。しかし基本的に人間は社会的生物ですから、「つながり」は重要な要素であることは間違いありません。その人間の根本とも言える重要な要素に支障をきたしているのがコロナの二年間なわけです。

この論文では若者に主眼を置いています。特に本邦において、少子高齢化が顕著な日本の未来を背負っていく若者たちを大事にしないといけません。

この論文は実際にCOVID19に憂いている若者たちにヨガを実践した研究ではありませんので、明確なエビデンスがあるわけではありませんが、ヨガを試してみても損は全くありません。

何から始めて良いかわからない、、、という人は、Zen Placeのヨガも良いと思います。オンラインでもできますし。慣れてくれば1人でもできます。
https://www.zenplace.co.jp/yoga/

zenplaceのピラティスもヨガ的要素を多分に含みますので良いと思います。
https://www.zenplace.co.jp/pilates/

とりあえず、Youtubeで色々みてみてはいかがでしょう。
Youtube
https://www.youtube.com/hashtag/zenplace

【参考文献】
Dalpati N, Jena S, Jain S, Sarangi PP. Yoga and meditation, an essential tool to alleviate stress and enhance immunity to emerging infections: A perspective on the effect of COVID-19 pandemic on students. Brain Behav Immun Health. 2022 Mar;20:100420. doi: 10.1016/j.bbih.2022.100420. Epub 2022 Jan 19. PMID: 35072120; PMCID: PMC8767968.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です