リアルワールドでのヨガの降圧効果

投稿日: カテゴリー: ヨガ循環器


運動することで血圧が下がる効果が期待できることは確たる事実です。
ヨガは運動の1つですので、当然降圧作用は期待できますし、それを示した研究もたくさんあります。ヨガは通常の運動に加えて、瞑想的要素も含まれますのでより効果的である可能性も期待できます。

このブログでもちょっとだけご紹介したことがあります。
例えばこちら。

それでは、臨床試験ではなく、リアルワールドではどうなのでしょうか?

実際の電子カルテを調査してヨガと降圧効果の関係を調査したこちらの研究をご紹介します。


Antihypertensive effects of yoga in a general patient population: real-world evidence from electronic health records, a retrospective case-control study.

一般患者集団におけるヨガの降圧効果:電子カルテからの実世界でのエビデンス、後向き症例対照研究

BMC Public Health. 2022 Jan 27;22(1):186. 


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35086500/


【背景】
数十年にわたる研究と確立された治療戦略にもかかわらず、高血圧は依然として世界レベルで蔓延し、難治性の問題である。ライフスタイルに基づく実践法であるヨガは、臨床試験の場で降圧効果を実証しているが、実社会におけるその効果についてはほとんど知られていない。


【目的】
電子カルテを用いて、患者が日常生活で使用しているヨガの降圧効果について調査した。


【対象者および方法】
2006年から2016年の間に地域の学術保健システムから収集されたヨガ体験患者1355人のうち1815件の記録と,ヨガ非体験患者8682人のうち40326件の記録を対象とした後向き観察症例対照研究である。

収縮期血圧と拡張期血圧に対するヨガの平均治療効果を推定するために線形混合効果モデルを用いた。混合効果ロジスティック回帰モデルを用いて、ヨガの経験と4つの血圧カテゴリー(正常、高血圧、ステージI、ステージII高血圧)のオッズ比を算出した。



【結果】
ヨガ経験患者は、白人(88.0%)、女性(87.8%)が多く、年齢の中央値は46歳(IQR32-57)で、62.3%が週に1回の頻度であった。

ヨガは収縮期血圧(-2.8mmHg、標準誤差0.6、p<0.001)および拡張期血圧(-1.5mmHg、標準誤差0.5、p=0.001)低下と関連していた。

ヨガを利用している患者は、ヨガを利用していない患者と比較して、血圧が正常である確率が85%上昇した(OR 1.85, 95% CI 1.39-2.46 )。

40-59歳の患者は、II期高血圧であるオッズが67%減少した(0.33、95%CI 0.14-0.75)。すべての効果量は年齢依存的である。


【結論】
ヨガは、患者が日常生活で活用するものであり、集団レベルでの血圧コントロールと高血圧予防のための有効な戦略である可能性がある。


まとめ


ということで、数々の臨床試験で降圧効果が示唆されていたヨガは、リアルワールドのデータでもそれに矛盾しない結果でした。もちろん後ろ向き研究ですし、数々のバイアスもあるでしょうが、ある程度はポジティブに解釈しても良いように思います。

先日ご紹介した減量に対するヨガの効果に関する論文のポイントの1つは「継続しやすい」という点でした。高血圧という慢性疾患においても長期的アドヒアランス(納得して実践や服薬を継続すること)が重要です。この継続しやすさも、上記結果には関係しているような気がします。


血圧が高めな人、そうでもないけれど健やかに過ごしたい人にとって運動は非常に重要な要素です。ぶっちゃけ運動ならとりあえず何でも良いのですが、ヨガは気楽に始めて、気楽に継続できる良い選択肢なのだと思います。

何から始めて良いかわからない、、、という人は、Zen Placeのヨガも良いと思います。オンラインでもできますし。慣れてくれば1人でもできます。
https://www.zenplace.co.jp/yoga/

zenplaceのピラティスもヨガ的要素を多分に含みますので良いと思います。
https://www.zenplace.co.jp/pilates/

とりあえず、Youtubeで色々みてみてはいかがでしょう。
Youtube
https://www.youtube.com/hashtag/zenplace



【参考文献】
Penrod NM, Moore JH. Antihypertensive effects of yoga in a general patient population: real-world evidence from electronic health records, a retrospective case-control study. BMC Public Health. 2022 Jan 27;22(1):186. doi: 10.1186/s12889-022-12569-3. PMID: 35086500; PMCID: PMC8796468.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です