運動は血圧に良いというが、どのスポーツが降圧効果が高いのか?

投稿日: カテゴリー: ヨガ身体活動


患者さんから「運動は何をすれば良いですか?」と尋ねられることがしばしばあります。
結論としては「何でも良いからやることが大事、やり始めることが大事」と申し上げています。始めやすく、続けやすいものを、気軽に気軽に始めてみてください。1日30分は行って欲しいですが、これもとりあえず5分でも、1分でも、ゼロよりはマシなので、まずは始めましょうと。

とはいえ、どんな運動がどのくらい健康効果があるのでしょう。
そんな話と少し絡む論文を見かけましたのでご紹介しましょう。

Association between Exercise and Blood Pressure in Hypertensive Residents: A Meta-Analysis.

高血圧の一般住民における運動と血圧の関連性:メタ解析

Evid Based Complement Alternat Med. 2022 Jan 11;2022:2453805. 


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/35069755/



【背景】
世界保健機関(WHO)は、世界の成人の25%が高血圧であり、世界の疾病負担の4.5%を占めると推定している。高血圧の成人は、世界中で2025年までに15億6000万人に増加し、全人口の29.2%を占めると予測されている。血圧の上昇は、冠動脈疾患や心不全などの重大な疾病を引き起こす可能性がある。

運動は、成人の高血圧予防・治療のための効果的な生活習慣として推奨されている。しかし、異なる種類の身体活動が血圧に及ぼす影響については評価されていない。

【目的】
高血圧患者の血圧に対する運動介入の効果について発表された無作為比較研究(RCT)を使用し、利用可能な研究数から最終的にウォーキング、ヨガ、水中スポーツ、サッカー、太極拳、気功の6種類の運動を対象として高血圧患者における運動介入の血圧への影響についてメタ解析を行った。


【対象者および方法】
各種電子データベースから候補となる論文を検索し、条件に合致する46件のRCTを対象とした。14の地域、各研究のサンプルサイズは18-770人、合計3,058人の高血圧患者、平均年齢は37-70歳。


【結果】

ウォーキングの研究は11件。
対照群と比較して、ウォーキング群では
収縮期血圧は5.94mmHg(95%CI:-8.57、-3.30)
拡張期血圧は2.66mmHg(95% CI: -3.66, -1.67)
と有意に低下した。


ヨガの研究は10件。
対照群と比較して、ヨガ群では
収縮期血圧は5.09mmHg(95% CI: -9.28, -0.89)
拡張期血圧が3.06mmHg(95% CI: -5.16, -0.96)
と有意に低下した。


水中スポーツは9件。
対照群と比較して、水中スポーツ群では
収縮期血圧7.53mmHg(95% CI: -11.40, -3.65)
拡張期血圧5.35mmHg(95% CI: -9.00, -1.69)
と有意に低下した。


サッカーは5件。
有酸素運動の代表的なものでもあり、3件はイギリス、2件はデンマークとスウェーデンから報告。 対照群と比較して、サッカートレーニング群では、
収縮期血圧6.06mmHg(95% CI: -9.30, -2.82)
拡張期血圧5.55mmHgm( 95% CI: -8.98, -2.13, )
と有意に低下した 。


しかし、太極拳と気功は血圧低下傾向を呈したものの統計的に有意ではなかった。メタ解析の異質性は高かった。
太極拳(SBP: WMD = -8.31, 95% CI: -20.39, 3.77; DBP: WMD = -3.05, 95% CI: -6.96, 0.87)
気功(SBP: WMD = -4.34, 95% CI: -13.5, 4.82; DBP: WMD = -3.44, 95% CI: -7.89, 1.01)



【結論】
ウォーキング,ヨガ,水中スポーツ,サッカーは,高血圧に対する有効な治療選択肢である。確たる証拠とするために、より科学的にデザインされた無作為化対照試験が必要である。


まとめ

ということで、運動の血圧への有効性を示した研究ですが、降圧という観点ではスポーツの種目によって若干の差異はあるという結果でした。ただ、目的は「血圧」だけではありませんし、運動は様々な心身へのメリットがあります。太極拳や気功も悪くないと思います。

あまり上記論文の結果にこだわりすぎず、先に申し上げたようにご自身の親しみやすい、始めやすい、続けやすい、身体活動をまずは1分でも良いので始めてみるということが最も重要です。


【参考文献】
Zhu Z, Yan W, Yu Q, Wu P, Bigambo FM, Chen J. Association between Exercise and Blood Pressure in Hypertensive Residents: A Meta-Analysis. Evid Based Complement Alternat Med. 2022 Jan 11;2022:2453805. doi: 10.1155/2022/2453805. PMID: 35069755; PMCID: PMC8767394.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です